新潟県十日町市で昭和6年から続く、メガネ・補聴器・宝飾・時計の老舗専門店「ミヤコヤ」
メガネ・時計・宝石の「ミヤコヤ」

高橋雅人ってどんな人?【第6話】十日町編

こんにちは。高橋雅人です!

今日は十日町に帰って来てからの事について話してみたいと思います。

子どもの頃、父は家にいなかった

十日町に帰ってきた頃、話の流れで父からこんな事を言われました。

 

「雅人が小学生の時、家に帰って来たら『こんにちは~』と言われた事があるんだ」

 

そうなんです。僕が子供の頃、父はあまり家にいなかった。

たぶん、どこかのおじさんだと思ったんでしょうね~!笑

当時はなぜいないのか、はっきり分かっていなかったのですが、その理由は後でちゃんと教えてもらいます。それが、

 

今お店のあるショッピングセンターの誘致の準備でいなかった。

 

メチャメチャ大変だったと思います。

朝から夜まで会議、会議、会議、、、だったような…。

それを考えると、父の背中は遠いな、と。

正直、まだまだ自分は甘っちょろいな、と思います。

ミヤコヤのある妻有ショッピングセンター
ミヤコヤのある妻有ショッピングセンター

影響を受けたセミナー

十日町に帰ってきてしばらくしてから、全国のメガネ屋さん仲間で集まる勉強会に参加させてもらえることになりました。

年4回開催され、そのうち3回は特別講師を招いたセミナーも開催しています。

そんなセミナーの中で最も衝撃を受けた講師が中村文昭さんでした。

 

そのセミナーでは「何のために」「頼まれごとは試されごと」というキーワードを中心に話が進みます。

自分は何のために働いているんだろう?ということと初めてちゃんと向き合うきっかけになった講演です!

町のホストに変身!?

大きな出来事をもう一つ。

それは十日町専門店会(通称:まるせん)青年会に入会した事。

中でも毎年行われる春の大売り出し、その景品として青年会メンバーが当選者の方達をおもてなしするホスト企画があります。

そこで今まで経験した事のない、たぶんこの会に入っていなければ一生出来ないような貴重な経験をたくさんさせていただいてます!

 

昨年末には中部10県で放送されるテレビ番組の収録に呼ばれ、愛知県は中京テレビさんにも行ってきたんですよ♪

そうそうこんな経験は出来ないんじゃないかなぁ?ホント貴重な体験でした!!

ホストの宣材写真(撮影が数年前のため、実物とは異なる場合がございます)
ホストの宣材写真(撮影が数年前のため、実物とは異なる場合がございます)

仕事は楽しんだ方が良い

そんな感じでいろんな経験をさせていただく中で最近思うことがあります。

それは仕事は楽しんだもの勝ちだ、ということ。

「仕事を楽しむ」なんていうと『ふざけるな!!』と怒られるかもしれませんが、やっぱりこれが一番だと思います。

だって、一日24時間、休みの日以外の寝ている時間を除いた半分は仕事なんですよ!

ツライとか、大変なだけって、拷問でしょうね~(^^;

ただ、ラクな仕事なんてないから、今の仕事の中に楽しい部分を見つける努力をすることは必要だと思います♪

見る人を笑顔にしたいという想いで毎年作っているチラシの撮影
見る人を笑顔にしたいという想いで毎年作っているチラシの撮影

今さらですが、僕の仕事はメガネ屋です。

でもやっていることは、黒板にイラストを描いたり、ディスプレイと称して自分な好きな工作・DIYをしてみたり、コーヒーを淹れたりするワケです。

たぶん、普通のメガネ屋の仕事じゃない。

でも、コレが仕事なんです!

もちろん、加工も検査も、メガネ選びも調整も修理も、一般的なメガネ屋の仕事内容はしてますけどね♪

もしかしたら、普通はそこまでしないよ、っていう業務もしてるかもしれませんが・・・

32歳、今何を思う?

今までの30年ちょっと。

まだまだ短い人生の中で、これだけは間違いなく言えることがあります。

 

それは『人に恵まれてる』という事。

 

学生時代の恩師もそうだし、同じ部活で励んだ仲間も、修行先の先輩・同期、十日町に帰って来てから出逢った先輩方、地域の皆さん、メガネきっかけで新しく出逢った方達。

いろんな方たちからそれぞれ違った刺激があって、楽しくて、今の僕の考え方があるのは間違いなく、周りの方たちとの出逢いから生まれてると思っています。

 

周りにはいつも支えてくれる方たちがいたと思っているし、正直、自力じゃまだまだ立ててないです(^^;

だからこそ、実際に、またSNS上で、出逢っていただいた皆様には本当に感謝の気持ちでいっぱいです♪

ありがとうございます!!

 

こんな感じですが、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

PS.僕はすごい人見知りです。あまり話も上手じゃない。ゆっくり時間をかけて書ける文章と会話だと言葉の選択や雰囲気が変わるかもしれませんが、お許しください。分かりやすく話せるように努力はしますので!

ABOUT この記事を書いた人

高橋 雅人(たかはし まさと)

 

新潟県十日町市でミヤコヤの長男として生まれ、家業を継ぐべく現在修業中です。人の笑顔を見ること、喜ばせることが好きで、メガネを楽しめる方が増えるように、いろんなことにチャレンジ中!趣味は、読書・映画鑑賞・カクテル。【SS級認定眼鏡士/認定補聴器技能者】


Facebook
Facebook
Twitter
Twitter
Instagram
Instagram

関連記事